忍者ブログ
<<  2017   12  >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


物件購入の際のチラシはきっかけにすぎない、鵜呑みはしない。

不動産会社がマンションや建売住宅を販売しようとするときに行う広告活動は、不動産の表示に関する公正競争(公正取引委員会告示) にて厳しく規制され、監視もされている。ウソの宣伝をしていないかをチェックするためである。


本来、マンションや建売住宅など、建物を建築する不動産の広告は建築確認申請をすませてから出すもので、広告の中に建築確認番号を明記することになっている(土地や建築条件付き宅地では不要)。しかし、新聞のチラシ広告の中には、建築確認が下りる前の段階で発行されるものが少なくない。つまり、チラシの中には信用できないものもあるために、決まりを守って正雄な記述が行われているチラシを選ぶことが重要である。

a href="http://chintai2mansion.blog.fc2.com/blog-entry-2.html" target=_blank>マンション・戸建、1階が駐車場の物件は地震対策を確認すべし

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)



不動産会祉の信頼度をチェックする方法。



マンション・戸建に限らず、家を購入するための必須条件の一つとしては、誠実な不動産業者であるか、という点である。基本的には、誠実な会社である場合、建築時に粗悪な材質を使用したり、手抜きの工事をすることは、ほぼ無い。逆に、不都合な部分が見つかった場合には、進んで修理してくれることもある。ポイントは、そのような誠実な不動産業者にであえるか?という点である。

一般的には、大手の不動産会社であれば、信頼が高いと思ってよい。知名度があるので、間違ったことをすると自社のブランドにキズか付く恐れがあるために、品質のチェックは十分にする場合が多い。大手の不動産会社でなくても誠実な会社は沢山ある。

有名でない不動産会社の場合、住宅の販売価格が比較的安く設定されている場合が多く、それが長所ともなっている。そんな住宅を造る会社を見つけるには、いくつかの方法がある。
まず、小さな不動産会社や工務店にて販売される一戸建てとして、地場の業者のものを選ぶこと。
会社の近くで家を建てて販売し、これまでの販売実績の多い会社ならば、造りに手を抜かない場合がほとんどであるためである。更にアフターサービスもしっかりする。

実際に、建設中の家を見せてもらうのも、よい方法である。購入したい家が工事前である場合には、他の家の現場でもよい、つくりに自信がある業者の場合、逆に工事現場を案内される場合もある。購入者が頼んでも、工事現場を見せたがらない業者は注意、基本的には敬遠した方がよい。

しかしマンションの場合、現場には危険が伴うため、戸建てのような見分け方が使えない場合が多い。その場合には、最後の手段として、まじめさがつたわるか、という点をチェックポイントとする。まじめさ、以外にも販売センターの活気や、会社全体の積極性なども評価として入れるとよい。

【館林 一戸建て】 館林市の一覧(1ページ目) | ホームズの中古一戸建て購入


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)
PR
Coment

Coment Form

Name

Title

Mailadress

URL

Font Color
Normal   White
Comment

Password
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

<<  HOME  >>
忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts