忍者ブログ
<<  2017   12  >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


完成済みのマンションについてチェックする。
新築マンションの中には、既に建物が完成していて、実際の住戸を見ることができる状態のものもある。このような完成済みマンションの場合には、間取りの変更などは不可能という欠点がある。しかし、自分の目で実物の物件を確かめられるのは大きなメリットと言える。一部の不動産会社の場合、完成済みでの販売を原則とするところもある。

◆日射や眺望のチェックについて。
完成済みの場合には、モデルルームでは分からない点のチェックをしっかりと行うのがよい。
・ベランダに面したサッシからは、どれくらいの光がさしこむのか。
・ベランダ越しにどのような眺望が広がっているのか。
というチェックが簡単にできる。

◆遮音性のチェックについて。
他にも、遮音性も大切なチェックポイントである。もし可能なら、上の階や隣の部屋から、一緒に見学に来ている家族や営業担当者に音を立ててもらうのがよい。実際に音を立てて、響き具合を実験してみるのが、一番よい確認方法である。


◆断熱性のチェックについて。
省エネ性ともいわれるが、断熱性についてのチェックも重要である。夏の暑い日や冬の寒い日に実際に部屋に足を運ぶことで、体感してチェックするのが一番間違いがない。また住戸内のスペースについても、実際に見えるのは大きなメリットと言える。モデルルームのように、惑わされやすい家具や装飾品がない状態での実物での確認ができるからである。
・天井は低すぎないか。
・LDやキッチン、洋室の広さは十分か。
・ドアを聞けたときに不都合はないか。

という点をしっかりと確認しておきたい。柱や梁が邪魔になって家具を置くスペースがあるか、も大切である。新居にもって行きたい家具のサイズを測っておき、現地でメジャーを元にチェックしておきたい。他にも細かい点も実際にチェックできるのでありがたい。
・コンセントの位置。
・エアコンの配管用の穴(スリーブ)の場所。

このような位置の確認は、家電の位置を左右する重要なポイントと言える。もちろん専有部分だけではなく、共用部分のチェックや建物外の安全面もしておきたい。
・建物外にて歩行者と車の動線が分離されているか。
・公園に死角はないか。

将来、自分が高齢者になったときに備えて車イスでの移動がしやすいか、等の点についても余裕があったら確かめておきたい。新築マンションといえでも、既に人が住んでいる場合もある。その場合には、管理体制や住み心地を、実際の住民に聞いてみるものよい。

人気マンションの注意点、メゾネットタイプの魅力

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)



マンションの地産価値の変化について。
購入する住宅を将来の資産価値は、一般的にはマンションより一戸建てのほうが有利といわれている。理由は、一戸建ては価格に占める土地の割合が大きいからである。一戸建ては建築後20年で建物の価値はゼロになるといわれる。建物の価値がゼロになっても、地価の下落幅がさほど大きくない地域の場合には、最低土地価格で売却できることになる。

一方マンションの場合は買った瞬間に中古住宅になる。その時点で1、2割程度価値が下がる、その後時間の経過と共に更に下がる。設備や仕様の陳腐化が進むという理由で、建築後10年、20年等の節目を過ぎるときには下落幅が大きくなるといわれる。更にマンションの場合には、戸建と違って「最低でも土地価格で売却できる」訳ではない。際限なく値下がりする可能性も考えておいた方がよい。


特にマンションにおいて、資産価値の下落に歯止めをかけたいなら、物件の希少性と管理の充実度を求めたい。ここ数年の都心部で分譲された専有面積の広い物件は、分譲時の価格より高い値段もある。他にも、計画的に大規模修繕が実行されている場合には、管理も行き届いている場合が多く、価格が下がりにくいものもある。

【中古一戸建て 埼玉】 埼玉の物件一覧(1ページ目) | ホームズの中古一戸建て購入


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)
PR

資産価値の高いアリコーポラティブハウス。

マンションはそもそも、狭い土地に部屋を沢山作ることで、価格を安くできるというのが特徴でもある。広さや間取りには当然制限がある物件が多い。最近ではコーポラティブハウスというものが人気になっている。「コーポラティブリ=協力的な」という意味の示すとおり、仲間同士や住まいについて同じような希望を持つ人々が集まり、共同で土地や建物を建てること。



話し合いで決めていくので、広さや間取りにある程度の自由度がある。価格の方は、通常の分譲新築マンションだと、物件価格の2~3割が、モデルルームの運営費や広告費に使われるといわれる、しかしコーポラティブハウスは広告はゼロ。それだけでも、少なめに見積もっても8割くらいの値段で購入できるはず、値段もお得で、間取りも内装も望み通りの家が買える可能性が高い。

やはりコーポラティブハウスのポイントは「どうやって仲間を集めるのか?」という点。同じ考えを持った知り合いで、家の購入を検討する人という条件に該当する人は多くはない。手をあげた人が中心メンバにならざるを得なかったり、「面倒くさい」点がコーポラティブハウスの唯一の欠点ともいえる。

そこで最近では、建築家や建築事務所で、建築のクロウトが音頭を取って建設されるものもある。間取りや内装をプロにじっくり相談できる上、提供される基本プランに内装だけこだわる、という使い方も可能。基本的にはインターネットで情報を収集するのがよい。最寄駅や予算の希望をあらかじめ決めておいて、それに近い条件の人を募れるサイトもあるようなので、活用したいものである。

マンション情報誌に掲載されている「予告広告」「シリーズ広告」について

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)




マイホームを買ったら確定申告を。



サラリーマンの税金の還付金は、年末調整という形で払い過ぎた所得税が給料といっしょに戻ってくる。ローンでマイホームを買った場合、「住宅借入金等特別控除」という所得税が安くなる制度がある。これは確定申告しないと戻ってこないので注意。また、この特別控除には、年収に上限があったり、購入した家やマンションの築年数や広さ、ローン返済期間などいろいろな条件があるが、クリアできれば、最低でも6年、長ければ15年間も控除が受けられ最高で600 万円くらいトクできるので活用したい。

【中古マンション 豊橋】 豊橋市の物件一覧(1ページ目) | ホームズの中古マンション購入


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


物件購入の際のチラシはきっかけにすぎない、鵜呑みはしない。

不動産会社がマンションや建売住宅を販売しようとするときに行う広告活動は、不動産の表示に関する公正競争(公正取引委員会告示) にて厳しく規制され、監視もされている。ウソの宣伝をしていないかをチェックするためである。


本来、マンションや建売住宅など、建物を建築する不動産の広告は建築確認申請をすませてから出すもので、広告の中に建築確認番号を明記することになっている(土地や建築条件付き宅地では不要)。しかし、新聞のチラシ広告の中には、建築確認が下りる前の段階で発行されるものが少なくない。つまり、チラシの中には信用できないものもあるために、決まりを守って正雄な記述が行われているチラシを選ぶことが重要である。

a href="http://chintai2mansion.blog.fc2.com/blog-entry-2.html" target=_blank>マンション・戸建、1階が駐車場の物件は地震対策を確認すべし

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)



不動産会祉の信頼度をチェックする方法。



マンション・戸建に限らず、家を購入するための必須条件の一つとしては、誠実な不動産業者であるか、という点である。基本的には、誠実な会社である場合、建築時に粗悪な材質を使用したり、手抜きの工事をすることは、ほぼ無い。逆に、不都合な部分が見つかった場合には、進んで修理してくれることもある。ポイントは、そのような誠実な不動産業者にであえるか?という点である。

一般的には、大手の不動産会社であれば、信頼が高いと思ってよい。知名度があるので、間違ったことをすると自社のブランドにキズか付く恐れがあるために、品質のチェックは十分にする場合が多い。大手の不動産会社でなくても誠実な会社は沢山ある。

有名でない不動産会社の場合、住宅の販売価格が比較的安く設定されている場合が多く、それが長所ともなっている。そんな住宅を造る会社を見つけるには、いくつかの方法がある。
まず、小さな不動産会社や工務店にて販売される一戸建てとして、地場の業者のものを選ぶこと。
会社の近くで家を建てて販売し、これまでの販売実績の多い会社ならば、造りに手を抜かない場合がほとんどであるためである。更にアフターサービスもしっかりする。

実際に、建設中の家を見せてもらうのも、よい方法である。購入したい家が工事前である場合には、他の家の現場でもよい、つくりに自信がある業者の場合、逆に工事現場を案内される場合もある。購入者が頼んでも、工事現場を見せたがらない業者は注意、基本的には敬遠した方がよい。

しかしマンションの場合、現場には危険が伴うため、戸建てのような見分け方が使えない場合が多い。その場合には、最後の手段として、まじめさがつたわるか、という点をチェックポイントとする。まじめさ、以外にも販売センターの活気や、会社全体の積極性なども評価として入れるとよい。

【館林 一戸建て】 館林市の一覧(1ページ目) | ホームズの中古一戸建て購入


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)

目玉企画の採用された部屋は少ない。




モデルルームとして採用されている部屋は、全戸の1割にも満たないのが事実。同様に、チラシ広告に出ているキッチンなども同じ、おしゃれなキッチンに興味を惹かれてモデルルームに出かけても、目当てのキッチンがある部屋は数部屋という場合が多い。チラシに掲載されている写真は、そのマンションの目玉企画となる。

ほんの一部分であるのに関わらず、チラシに大々的に描かれると、マンション全体でそうであるかのような錯覚を受ける。勘違いして出かけたところ、平凡な部屋しか予算に合わず、そのまま購入するということの無いように冷静な判断が必要。

不動産マンション購入:用途地域は要チェック

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)



中古物件の購入:デベロッパーが倒産した物件は避ける。




中古物件を購入する際には、以前(その物件が新築であったとき)に売主(デベロッパー)であった会社についてもチェックしておいた方がよい。現在も順調に、経営がされている場合には問題はない。もし、既に倒産していたり、元気が無い会社だとしたら、その物件の購入は控えておいた方がよい。まず、倒産をするような会社が建てた、マンションや戸建は粗悪なものである可能性が高い、購入後のアフターケアがされていたのかもあやしい。また、倒産した会社が管理会社の関連会社の場合、今後の管理体制にも心配が残る。そのような場合には、マンションの売主を調べて、会社の株価をチェックして判断するしかない。

【仙台 新築 マンション】 仙台市青葉区で探す女性のための新築分譲マンション検索(1ページ目):BIGLOBE Kirei Style


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


マンション購入、管理・警備体制も調べておく。


マンションでの生活は、住んで快適であるか、という点と同じくらいに、安全に住むことができるか、という点も重要、こちらもチェックしておきたい。最近では24時間管理のマンションが増えてきている。このようなマンションの体制としては、もし何かがあれば、すぐに警備員駆けつけてくれるシステムとなっている。


しかし、警備の体制もいろいろある。24時間マンションに常駐する場合もあれば、警備保障会社と契約していて、何かあればすぐかけつけてくる場合もある。マンション購入は、価格の安さを重視するというのもよいが、このような基本的な安全は、少々お金を出しても選択をしたいものである。

【一戸建て 広島】 広島の一覧角地一戸建て特集 | ホームズの中古一戸建て購入


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)




中古マンション、業者のリフォームは高くつく。


中古マンションを売るためには、見た目のイメージも大切、汚れていると買い手がつかないので、ということで、「内装済み」として売りに出されるケースが多い。事前に壁紙やカーペットを貼り替えたりして汚れている箇所を修理する、そのため購入費用が上乗せされ価格も高くなってくる。



しかし冷静に考えて、何年か人が住んだ中古物件なのだから、部屋の痛みや汚れは当然で、表面だけ変わってもスケルトンを含めた内部は新築と違うという点を再度思い出すのがよい。中古物件の場合、それを承知で購入するのである。「内装済み」ではない物件を安く購入して、自分で好みのものにリフォームした方がよいことが多い。


マンションあれこれ

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


不動産業者名簿とは、知る人ぞ知る業界のエンマ帳。

おおよそ買いたい家のイメージや業者が絞れたら、不動産業者名簿をチェックするのが良い。不動産業者名簿は、都道府県庁で確認することができる、しかしコピーはできない。業者が宅地取引業免許の場合と建設大臣免許の場合の2通りがあるが、これは広告チラシ等で確認できる。不動産業者名簿は業者の履歴書にあたるもの。まずその業者見つからない場合は最悪、もぐりなのでNG。次は過去に業務停止などの処分を受けているかをチェックする。10年くらい前に1回くらいある程度がギリギリ許容範囲、何度となく繰り返されている業者はNG。


業務停止には、その理由や内容も書いてあるので、必ず確認する。またこの名簿には、その業者がどういう取り引きを行なってきたかもわかるので、自分が求める物件の実績があるかを確認する。例えば、木造建築を専門的に扱っている業者に、鉄骨づくりの家の依頼は失敗のリスクが高いと思った方が良い。他にも、5階建てマンションが多いのに、10階建てにチャレンジというのも敬遠したい。

【購入 一戸建て】 茨城の一覧(1ページ目) | ホームズの中古一戸建て購入


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)



この設備の有無が「住み心地」を左右する。




マンションの住み心地を飛躍的に向上させたとされる設備は、過去にいろいろと登場した。代表的なのは、浴室換気乾燥機である。単なる換気扇と違って、ガスや電気にて、温かく、乾いた空気をつくり出して循環させ、浴室内を乾燥させる。今まで、マンションの浴室は窓がないタイプが多く、湿気やカピが発生しやすかった。浴室換気乾燥機がそれを解決したといえる。マンションを買う場合は、浴室換気乾燥機がついているのがベスト。無理なら、浴室に窓が付いていることをチェックするのがよい。

飛躍的に住み心地を向上させた設備や機能としては、追い賛き機能、高温差し湯、システムキッチン、コンロ上のレンジフード付き換気扇などがある。更に、落とせない設備としては、LD や居室すべてに設置される電話とテレビのアウトレットである。これは建築時に設置されるのがよい、後付の場合には、配線がむき出しになるので、見苦しくなる、あらかじめ設置することが重要である。

他にも、些細であるが、電気のコンセントは各部屋2つ以上あった方がよい。更に、エアコン取り付け位置の近くにも、専用コンセントがあるのがベスト。更に贅沢を言うなら、水回り設備として、キッチン、浴室、洗面所にお湯と水の混合水栓も必要。

戸建の場合には、テレビモニター付きインターホンは必要。特に2階から、1階に降りる必要が無いので、便利となる。他には、高気密・高断熱構造の住居が多い最近の住宅には、窓を開けなくても住宅内の換気を行ってくれるシステムが欲しい。


競売での落札価格は最低売却額の2割増し程度

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)
忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts